javascript ドライバー 旅行 四国 アメリカ 国内旅行 渋滞 高速道路 その他 関西" />
So-net無料ブログ作成

高速道路料金が4月から値上げ! [ニュース]

2月も半月を過ぎようとしていますが、この4月から高速道路料金の割引制度の見直しで料金が値上がりするようですね。また、料金が値上げになるだけではなく首都圏や関西の都市部で実施されている休日や深夜の割引率も縮小されるとのこと。

javascript:;


国土交通省によると、値上げの対象になるのは東日本、中日本、西日本と本州四国連絡の4社となります。
上記4社が抱える債務をNEXCO3社が肩代わりすることや、国費で負担してきた料金割引の財源を3月末で使い切ることに伴ってとられた措置ということです。結果、料金の値上げや割引の廃止、縮小が行われることとなったわけですね。但し、NEXCO3社はこの割引率の縮小を4月から行うのではなく、5月末まで現行の割引を行うとしています。

おまけに、政府は老朽化対策の費用をまかなうため?といったとってつけたような理由から高速道路料金の「無料化」を2050年の予定から最大で15年先送りするという決定を閣議でしています。2050年から高速道路が無料になるっていわれていたって、こちらにはピンと来ない話だったのに、さらに延長して2065年からですからね、高速道路の無料化が。
なんと言ったって51年後の話ですからねぇ。今日、運転しているドライバーの方々のほとんどはそのころには運転していないでしょうし、生きていないかもしれない方もいらっしゃるでしょう。

恐らくまた、何十年後かに今度はまた老朽化対策やらなにやらの理由が出てきて、無料化の先延ばしが起きる可能性が高いと、私は見ています。

それにしてもただでさえ、高速道路料金が他国と比べても割高な日本。それに追い討ちをかけるように今回の値上げと割引の縮小とくれば、またまた他国との道路料金の格差が広がっていくのではないでしょうか?

アメリカは、国内ほとんどの高速道路が無料、有料道路もあっても日本と比べると極めて低料金で良心的な金額設定になっているんですよね。見て下さいアメリカのフリーウエイの道幅の広さ、車線の多さを。
渋滞になるのは、都市部のフリーウエイがほとんどで、ちょっと都市部から離れると、田舎のほうは結構な速度で運転できます。(まあ、おまわりさんに捕まらない程度の速度を保つ必要はありますが)
だからこそ、あれだけひろ~い国土でも人々が気軽に自家用車で国内旅行に出かけられるんです。アメリカの国土の広さで日本の高速道路料金と同じくらいの料金を設定したら、車での旅行者もかなり減るでしょう。まあ、アメリカの道路事情と日本の道路事情は、国土の広さやその他の理由などから全く違うものになるので、比べてはいけないのかもしれませんが。。。

javascript:;

また、2016年からは都市部の高速道路の渋滞を緩和する目的で混むところほど料金を高く設定し、空いている外側の環状ルートを安くする設定をしていくようですね。

javascript:;

今後、出生率の低下によって、人口減少がどんどん進んでいく日本。
人口が減少するということは、車の数も減少していくということですから、高速道路料金の徴収額も減っていくということになりますよね。そうすると、道路の整備、建設などの費用をより高い高速道路料金を設定していくことで補わないといけなくなってきますから、これからも度々、料金の値上げが行われることでしょう。
ということで、料金の値上げは今後もあっても、今から51年後の高速道路料金の「無料化」は、無くなるような気がしてならない私です。















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。