保育 ニュース 子供 神奈川 埼玉 宿泊 幼児 通信教育 資格 マンション" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

ベビーシッター幼児殺害事件と幼児の母の事情 [ニュース]

いや~、最近幼児虐待のニュースがやたらと多いんですが、ここにきて今度はベビーシッターによる幼児虐待および殺害疑惑がおきました。

事件の発端は今月14日に2泊の予定でベビーシッターに子供2人を預けた母親から、子供を引き取る16日になってもベビーシッターと連絡が取れないと警察に通報されたことから、明るみになっていきます。

通報を受けた神奈川県警が調査にあたったところ、埼玉県富士見市東みずほ台のマンションの1室で預けられていた男児の遺体が見つかり、18日にマンションに住む男の 物袋勇治(26歳)を死体遺棄の疑いで逮捕した。逮捕されたときに、男は自らの職業を”保育士”と名乗っていたということです。
死因はまだ特定されていないようですが、口の周りの皮膚が変色しており、窒息死が原因かもしれないということです。
物袋容疑者マンション.jpg
物袋容疑者2.jpg

物袋容疑者は実際には保育士の資格は持っておらず、通信教育で得た”チャイルドマインダー”という保育関係の資格のみ持っていたということで、保育所勤務の経験はあってもきちんとした資格は無かったようです。

その後、自身で宿泊保育サービスのサイトを他社の大手ベビーシッターサイトと同じ シッターズネット” という名前で保育所を設立。
その際に埼玉県富士見市の自室マンションの一室を家庭保育室と紹介していました。

この物袋容疑者と被害者男児の母親に以前からも接点があり、なんと以前にも同容疑者に子供を預けていました。
その際には子供の体にアザがみつかったり、顔が腫れるなどの症状のほか、金銭面でも物袋容疑者ともめて、利用をやめたといういきさつがあったそうです。

ここで疑問に思うのは、

何故、またもや同じベビーシッターに可愛い我が子を預けてしまったのか?ということです。

幼児の母親は ”助けてあげられなくて申し訳ない”と涙を流して報道陣に語ったようですが、どうして一度目ならず、二度も安易にベビーシッターさんを頼ってしまったのでしょうか?
母親は二度目の時には物袋容疑者が名前を変えていたから気づかなかった。といっていましたね。
名前を変えていたって、別人のベビーシッターであっても一度サイトから募集した際のベビーシッターに自分の子供に被害を与えられたという経験があったら、同じようにまたそのサイトを利用するでしょうか?
普通はしないと思います。
それなのにどうして???と私達は思いますよね。

でも、それには、母親の並々ならぬ事情があったからなのでしょう。
母親は男児出産当時はまだ20歳で、父親となる男性は当時18歳。
この若さではとてもではありませんが、父親となる男性の収入もいかほどがわかりかねますが年齢からみても、経済的に自立して生活していけるレベルではありませんよね。
そこにきて、今度は次男出産ですから、生活は益々苦しくなったのでは。。。
その後、父親となるこの男性とは別れているようです。

母親は出産前には水商売で生計をたてていたようですが、出産を機に専業主婦になったようで、経済的には
かなり大変だったようです。
そこでまた水商売に戻ってしまったのでしょう。
もしも仮に水商売や他の職業の夜勤でも、基本朝方が終業時間となるわけで、昼間は当然就寝の時間にあてないといけないわけです。でも、子供がいると、日中オチオチ寝ていられませんから、やはりお泊り保育で何日か預かってもらわないとダメだったんでしょうかね。

ただ、ベビーシッターの募集記事が読んでいてかなり切羽詰った様子であったのも気になります。

母親は昨年から数回にわたってベビーシッター募集のサイトに募集の記事をのせていましたが、事件の直前に出した募集広告には、”大至急お願いします” とあります。

ベビーシッターを通常雇うのにとても高い料金がかかるもので、中々、無職の母親という立場の人が気軽に利用できるサービスではありません。
ベビーシッターを雇うと大体平均で1時間当たり2,000円くらいからで、2泊3日の期間をベビーシッターを雇うとすると、すでに数万円はかかる計算になります。

ところがこの母親はベビーシッターを募集する際にこのような条件を出していました。
1.時間:18時から朝方(迎えに行く手段がないのでお泊り保育できる方)
2.場所:自分の家には体調不良の父親がいるので、ベビーシッター宅にて希望
3.金額:経済的に厳しいので、子供2人で4,000円

いくら経済的に厳しいとはいえ、2泊3日で子供(乳幼児含む)2人で4,000円という料金はあまりにも幼いわが子の命を預けるという意味を踏まえると、安すぎる料金設定ではないでしょうか。

いずれにしても、母親の行動は事情が何であれ、常識に欠けていた部分がかなりあります。
見ず知らずの人間に、サイトでやりとりをしただけの間柄であっさりとわが子を預けてしまうのですから、何も相手の素性がわからないままです。

母親は男児に対して”申し訳なかった、助けられなくてごめんね。とコメントしている。
山田龍琥くんの母.jpg





















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。