" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

ベビーシッター幼児殺害事件と幼児の母の事情 [ニュース]

いや~、最近幼児虐待のニュースがやたらと多いんですが、ここにきて今度はベビーシッターによる幼児虐待および殺害疑惑がおきました。

事件の発端は今月14日に2泊の予定でベビーシッターに子供2人を預けた母親から、子供を引き取る16日になってもベビーシッターと連絡が取れないと警察に通報されたことから、明るみになっていきます。

通報を受けた神奈川県警が調査にあたったところ、埼玉県富士見市東みずほ台のマンションの1室で預けられていた男児の遺体が見つかり、18日にマンションに住む男の 物袋勇治(26歳)を死体遺棄の疑いで逮捕した。逮捕されたときに、男は自らの職業を”保育士”と名乗っていたということです。
死因はまだ特定されていないようですが、口の周りの皮膚が変色しており、窒息死が原因かもしれないということです。
物袋容疑者マンション.jpg
物袋容疑者2.jpg

物袋容疑者は実際には保育士の資格は持っておらず、通信教育で得た”チャイルドマインダー”という保育関係の資格のみ持っていたということで、保育所勤務の経験はあってもきちんとした資格は無かったようです。

その後、自身で宿泊保育サービスのサイトを他社の大手ベビーシッターサイトと同じ シッターズネット” という名前で保育所を設立。
その際に埼玉県富士見市の自室マンションの一室を家庭保育室と紹介していました。

この物袋容疑者と被害者男児の母親に以前からも接点があり、なんと以前にも同容疑者に子供を預けていました。
その際には子供の体にアザがみつかったり、顔が腫れるなどの症状のほか、金銭面でも物袋容疑者ともめて、利用をやめたといういきさつがあったそうです。

ここで疑問に思うのは、

何故、またもや同じベビーシッターに可愛い我が子を預けてしまったのか?ということです。

幼児の母親は ”助けてあげられなくて申し訳ない”と涙を流して報道陣に語ったようですが、どうして一度目ならず、二度も安易にベビーシッターさんを頼ってしまったのでしょうか?
母親は二度目の時には物袋容疑者が名前を変えていたから気づかなかった。といっていましたね。
名前を変えていたって、別人のベビーシッターであっても一度サイトから募集した際のベビーシッターに自分の子供に被害を与えられたという経験があったら、同じようにまたそのサイトを利用するでしょうか?
普通はしないと思います。
それなのにどうして???と私達は思いますよね。

でも、それには、母親の並々ならぬ事情があったからなのでしょう。
母親は男児出産当時はまだ20歳で、父親となる男性は当時18歳。
この若さではとてもではありませんが、父親となる男性の収入もいかほどがわかりかねますが年齢からみても、経済的に自立して生活していけるレベルではありませんよね。
そこにきて、今度は次男出産ですから、生活は益々苦しくなったのでは。。。
その後、父親となるこの男性とは別れているようです。

母親は出産前には水商売で生計をたてていたようですが、出産を機に専業主婦になったようで、経済的には
かなり大変だったようです。
そこでまた水商売に戻ってしまったのでしょう。
もしも仮に水商売や他の職業の夜勤でも、基本朝方が終業時間となるわけで、昼間は当然就寝の時間にあてないといけないわけです。でも、子供がいると、日中オチオチ寝ていられませんから、やはりお泊り保育で何日か預かってもらわないとダメだったんでしょうかね。

ただ、ベビーシッターの募集記事が読んでいてかなり切羽詰った様子であったのも気になります。

母親は昨年から数回にわたってベビーシッター募集のサイトに募集の記事をのせていましたが、事件の直前に出した募集広告には、”大至急お願いします” とあります。

ベビーシッターを通常雇うのにとても高い料金がかかるもので、中々、無職の母親という立場の人が気軽に利用できるサービスではありません。
ベビーシッターを雇うと大体平均で1時間当たり2,000円くらいからで、2泊3日の期間をベビーシッターを雇うとすると、すでに数万円はかかる計算になります。

ところがこの母親はベビーシッターを募集する際にこのような条件を出していました。
1.時間:18時から朝方(迎えに行く手段がないのでお泊り保育できる方)
2.場所:自分の家には体調不良の父親がいるので、ベビーシッター宅にて希望
3.金額:経済的に厳しいので、子供2人で4,000円

いくら経済的に厳しいとはいえ、2泊3日で子供(乳幼児含む)2人で4,000円という料金はあまりにも幼いわが子の命を預けるという意味を踏まえると、安すぎる料金設定ではないでしょうか。

いずれにしても、母親の行動は事情が何であれ、常識に欠けていた部分がかなりあります。
見ず知らずの人間に、サイトでやりとりをしただけの間柄であっさりとわが子を預けてしまうのですから、何も相手の素性がわからないままです。

母親は男児に対して”申し訳なかった、助けられなくてごめんね。とコメントしている。
山田龍琥くんの母.jpg





















ニューヨーク市で爆発事件、建物倒壊 [ニュース]

あのニューヨーク市で建物が爆発、そして倒壊するという事件が起きました。

この事件で、少なくとも30人以上が負傷し、少なくとも4人の死亡が確認されたようです。

爆発は水曜日の午前9時30分ごろ(現地時間)ニューヨーク市のアッパーマンハッタンにある5階建てのアパートの屋根周辺から起こった模様で、爆発した際に飛び散った破片などによって隣接している周辺の15棟にも及ぶアパート等の建物にまで被害が拡大しました。

原因は ガス漏れのようです。

倒壊した建物
NY Collapse-4.jpg

爆発によっておきた火災によって、主にラテン系の労働者達が居住する住宅街や、教会、ピアノ屋さんなども被害を受けた様子です。

ニューヨーク市消防局の広報担当者によると、この爆発事故によっておきた火災がなかなか鎮火せず、それが捜索活動の大きな障害になっているそうで、捜索は夜を徹して行われていますが、現地時間の真夜中に及んだ数時間前の時点でもまだ9人の行方が判っていないということです。

行方不明の方々、瓦礫の下でもがんばって助かっていれば良いのですが。。。
NY Collapse-4.jpg

今回の事故の原因ははっきりと特定されたわけではないようですが、事故の約15分前に市の当局にガス漏れのような臭いがする。といった苦情がよせられていたことがわかりました。以前からこちらの周辺の住民たちはこのガス臭さを感じていたようで昨年の5がつにもガス臭さの苦情が同じ周辺地域の住民から寄せられ、その際にはこの問題は解決させたということです。
でも、ちゃんと調べないで、”はい、大丈夫ですよ。”なんていうアメリカによくありがちないい加減な仕事をしていた可能性が高いですね。

この事故によって、通勤途中の列車に乗っていた乗客にも影響が及び、一部の地下鉄なども運行を一時取りやめていたようです。

NY Collapse-5.jpg

現時点では亡くなったのは4名で、うち3名は女性であることが確認されています。(この中に邦人は含まれていないようです)
残る36人の負傷者のうち、少なくとも3名が子供さんでうち2名が軽症、1名が重体となっています。負傷した方々のほとんどが、火災の際に煙を吸い込んだり、爆発物から飛び散った破片などから生じた切り傷などが原因のようです。

実際に事故に遭遇した人たちの話では、
”建物全体が大きく揺れだし、何が起こったのかわからなかった”
”突然、バーンという大きな爆発音を聞いた。” ”壁や、窓が吹き飛ばされた”
というような状況だったようで、ほんの一瞬の出来事だったのがとても良くわかります。

ニューヨークのような人口の特に密集している地域は、小さな事故でも密集している分、とかく被害が大きくなりがちです。
今回の事故をきっかけに、ニューヨーク市だけではなく、他の国、都市にも起こりえる事故なので十分な建物の点検や防衛対策をとっていただきたいですね。













PM 2.5が大阪に! (PM2.5って一体何者?) [ニュース]

中国大気汚染でも常に世を騒がせているあのPM2.5が本日、西日本の広い範囲で観測されました。

PM2.5 鳥取.jpg

大阪府では、本日の午後12時15分ごろにPM2.5の濃度が国の定める基準値(一立方メートルあたり80マイクログラム)を超え、90.4グラムにまで達したため、大阪府全域に初めて注意喚起した。また、同じ時間帯に、兵庫県の明石市、加古川市などの播磨東部を対象に注意喚起しました。大阪府や兵庫県は外出を出来るだけ控え、建物内にいる時でも、窓やドアの開閉を必要最低限に抑えるように呼びかけてもいます。

本日のPM2.5の濃度をあらわすのがこちら。
PM2.5.jpg
結構、全体的に濃度が高めになってきている感じですよね。

このままでは、年々花粉症どころか、このPM2.5に悩まされる患者さんも増えていく一方なのではないでしょうか?

では、PM2.5というのは具体的にはどんなものなのだろう。と疑問に思ったのですこ~し調べてみました。
1.PM2.5とは?
大気中を浮遊している汚染物質が混ざった小さな粒子のことで、その中の大きさの直径が2.5マイクロメートル以下の微粒子状物質のことをいいます。

2.2.5マイクロメートルの大きさって?
pm2.5 um.gif
上の図を見ていただくとお分かりのように人の髪の毛や、細かい砂の粒子よりもさらに細かい粒子なんです。

非常に細かい粒子であるということは、容易に人間の体内に入り込みやすいサイズということなんですね。

体内に入り込んだ異質物質は体のある程度の働きで体外に放出することも可能ですが、このPM2.5 に関しては、粒子の小ささから、一度体内に入り込んでしまうと気管支を通り、肺の奥まで入ってしまうのです。

肺の奥まで入ってしまうと、どんな症状が起きてくるかといいますと、
一般的には:気管支炎、ぜんぞく、最悪の場合には肺がんになるケースもありうるそうです。

症状の軽い場合でも:目のかゆみ、くしゃみ、のどのかゆみ、イガイガ感、などの症状を訴える人もたくさんいるそうですから、気管支の弱い方や、喘息持ちのかた、花粉症にかかりやすい方などはマスクを常備されたほうが良いですね。

ちなみに1日の平均値が70マイクロメートルを超えると、人体に影響が出やすくなるそうですから、健康状態に自信がない方は、環境省の大気汚染監視システムなどをチェックしてみるのも良いでしょう。

また、人体に悪影響を及ぼすだけではなく、さまざまな社会的な影響も出てくるということです。
中国では現在深刻な大気汚染から、交通渋滞の深刻化などもかなり問題になってきていますよね。


日本にも今後このような問題が多々起きてくることになるでしょうね。
まあ、これは中国だけの責任ではなく、アメリカを始めとする先進国からのさまざまな物品の受注を長年にわたって生産してきた結果の問題でもあるわけで、一概に中国だけを攻めるわけにもいきませんが。。。

でも、もうここまで周辺国に影響が出ている以上、中国よ、もっと真剣に環境改善に取り組んでおくれ~と叫んでしまいたくなる今日この頃です。












EXILE ATSUSHI脱退近い?SHUNと念願のコラボ復活へ [芸能]

EXILE ATSUSHIと元EXILEの清木場俊介が念願のコラボで復活で脱退も近い?

早いもので、SHUNがEXILEを脱退してから8年。
その間、何度もファンの間でささやかれ続けてきたATSUSHIとSHUNの夢のコラボがついに実現することになりましたね。

140213.jpg140213.jpg

ATSUSHIファンの私としては今後益々目を離せない状況になっていきそうですね。
SHUNが脱退してから、ATSUSHIはTAKAHIROという新たなパートナーにも恵まれ、順調にEXILE第2章として成功への道を歩んできたわけですが、どこかSHUNと組んで歌っていたころのATSUSHIとは違って、少し憂いが感じられたような雰囲気が漂っていました。

まあ、元々、二人とも仲が悪くてそれが原因で清木場が脱退したというわけではなく、おそらく、事務所の方針などが、SHUNの意向に合わなかったのが原因だったのでしょうから、二人は年に数回は会って飲んだりしていたようです。その席で、いつも決まり文句のように言われていたのが
 ”いつかまた一緒にやろうね”という言葉だったということで、以前より二人で曲を歌おうをいう話は酒の席では出ていたようです。まあ、こういった酒の席での言葉というのは、本当にお酒を飲んでいるときにしか出てこないものもあって、いつも話には出るのだけれど、実現する可能性は低いというのが世間的にみての一般論ではないでしょうか。

ところが、今回ATSUSHIが初のソロアルバムを発売することになり、このタイミングでぜひやってみたいということから 急速に話が進展していったようです。
しかも、2人ともアルバムの発売日がほぼ同じ時期だったということも、何か運命に近い偶然を感じにそれぞれのアルバムにそれぞれにとって思い入れのある曲をコラボで再現することになったようです。

この度、二人がコラボデュエットする曲とアルバム名、そして簡単な曲の説明は下記のとおりとなります。

EXILE ATSUSHI (2014.3.12 ON SALE)ALBUM: [ MUSIC]  
コラボする曲名
1. fallin’
ATSUSHIがこの曲を聴いたときに、どうしてもSHUNちゃんの声で聴きたいと思ったということで、選ばれた1曲。
2. The Impossible is Real ~ My Lucky Star ~
SHUNが在籍時代にデモの段階まで録ったが、世に出ることがなく終わってしまった名曲

清木場俊介 (2014.3.5 ON SALE)ALBUM: [唄い屋・BEST Vol. 1]
コラボする曲名: 羽1/2
SHUNがソロになってからも唯一ずっと唄い続けてきた曲。

どちらの方のアルバムもとっても楽しみですね。
二人とも素晴らしい声をお持ちなので、コラボまでのこのようないきさつを知ってから、これらのアルバムを聴いたら、もっと深いところまで聴きこめるのではないでしょうか。

SHUNのEXILEの脱退から8年経って、このタイミングでの二人の共演は一体何を意味するのでしょうか?EXILEのリーダーであったHIROさんも昨年一杯でEXILEを辞められたし、最近はどんどん、EXILEの弟分、妹分的な存在のグループも活躍してきていますよね。
ATSUSHIには前々から、EXILEを脱退してソロでやっていきたいという意向があると噂されてきましたから、もうそろそろ、そんな時期がやってきたのか?なんて一人考えをめぐらせている私です。

私個人的には、EXILEの一員としてのATSUSHIも、ソロになってひとりで活躍していくATSUSHIもどちらも好きですが、彼には一人でも十分にやっていける歌唱力とカリスマ性が備わっているから、将来的に脱退しても今よりもさらに大きな存在になるであろうと思います。

私たちファンにとっては、ATSUSHIやSHUNが心から気持ちよく歌えている曲を聴くということこそが一番の
幸せなのですから。

高速道路料金が4月から値上げ! [ニュース]

2月も半月を過ぎようとしていますが、この4月から高速道路料金の割引制度の見直しで料金が値上がりするようですね。また、料金が値上げになるだけではなく首都圏や関西の都市部で実施されている休日や深夜の割引率も縮小されるとのこと。

javascript:;


国土交通省によると、値上げの対象になるのは東日本、中日本、西日本と本州四国連絡の4社となります。
上記4社が抱える債務をNEXCO3社が肩代わりすることや、国費で負担してきた料金割引の財源を3月末で使い切ることに伴ってとられた措置ということです。結果、料金の値上げや割引の廃止、縮小が行われることとなったわけですね。但し、NEXCO3社はこの割引率の縮小を4月から行うのではなく、5月末まで現行の割引を行うとしています。

おまけに、政府は老朽化対策の費用をまかなうため?といったとってつけたような理由から高速道路料金の「無料化」を2050年の予定から最大で15年先送りするという決定を閣議でしています。2050年から高速道路が無料になるっていわれていたって、こちらにはピンと来ない話だったのに、さらに延長して2065年からですからね、高速道路の無料化が。
なんと言ったって51年後の話ですからねぇ。今日、運転しているドライバーの方々のほとんどはそのころには運転していないでしょうし、生きていないかもしれない方もいらっしゃるでしょう。

恐らくまた、何十年後かに今度はまた老朽化対策やらなにやらの理由が出てきて、無料化の先延ばしが起きる可能性が高いと、私は見ています。

それにしてもただでさえ、高速道路料金が他国と比べても割高な日本。それに追い討ちをかけるように今回の値上げと割引の縮小とくれば、またまた他国との道路料金の格差が広がっていくのではないでしょうか?

アメリカは、国内ほとんどの高速道路が無料、有料道路もあっても日本と比べると極めて低料金で良心的な金額設定になっているんですよね。見て下さいアメリカのフリーウエイの道幅の広さ、車線の多さを。
渋滞になるのは、都市部のフリーウエイがほとんどで、ちょっと都市部から離れると、田舎のほうは結構な速度で運転できます。(まあ、おまわりさんに捕まらない程度の速度を保つ必要はありますが)
だからこそ、あれだけひろ~い国土でも人々が気軽に自家用車で国内旅行に出かけられるんです。アメリカの国土の広さで日本の高速道路料金と同じくらいの料金を設定したら、車での旅行者もかなり減るでしょう。まあ、アメリカの道路事情と日本の道路事情は、国土の広さやその他の理由などから全く違うものになるので、比べてはいけないのかもしれませんが。。。

javascript:;

また、2016年からは都市部の高速道路の渋滞を緩和する目的で混むところほど料金を高く設定し、空いている外側の環状ルートを安くする設定をしていくようですね。

javascript:;

今後、出生率の低下によって、人口減少がどんどん進んでいく日本。
人口が減少するということは、車の数も減少していくということですから、高速道路料金の徴収額も減っていくということになりますよね。そうすると、道路の整備、建設などの費用をより高い高速道路料金を設定していくことで補わないといけなくなってきますから、これからも度々、料金の値上げが行われることでしょう。
ということで、料金の値上げは今後もあっても、今から51年後の高速道路料金の「無料化」は、無くなるような気がしてならない私です。















佐村河内守のゴーストライター新垣隆 真相暴露会見 [スキャンダル]

現代のベートーベンと言われ、聴力のない作曲家として有名な佐村河内守(さむらごうちまもる)さん(50歳)が、実は作曲を自分ではしておらず、ゴーストライターが代わりに数々の名曲を作曲していたことが明るみになったこの会見。日本のみならず海外でもかなりの反響を呼んでいるようです。

佐村河内守さん(50歳)は、18年前から桐朋学園大学の非常勤講師を務める、新垣隆さんに曲作りを依頼していたそうですが、聴力を失った佐村河内さんの片腕になるべく、作曲を手伝ったというものではなかったようです。佐村河内さんから依頼されて、半ば強制的に作曲させられていたともいわれているこの事件。
新垣さんの会見や、その他の情報源から集めた情報により、簡単に整理してみました。

1.佐村河内さんは耳が聞こえないということはなく、作曲をする段階でも新垣さんの録音した楽曲を佐村河内さんが聴いて、その場でコメントするということもあった。

2.障害者手帳は新垣さんが一度だけ見せられたことがあるらしいが、聴覚障害というのは比較的詐称の簡単に出来る障害で、音楽制作活動に有利に見せるため、わざとそのようなスタンスをとっていた。

3.最初は新垣さんの前でも耳が聞こえないふりを装っていたが、会話をしているうちに「普通の健常者のような聴覚に」戻っていき、やがてがそれを取り繕うこともなくなっていった。

4.新垣さんは自身のことを「私は佐村河内さんの共犯者です。彼の耳が聞こえない作曲家というイメージを守るために、私が協力した」と述べています。

5.報酬は18年間で約700万円受け取っていたが、著作権などの申請は新垣さん自身は行っていない。

佐村河内さんの言い分では、耳が聞こえなくなったため、別の作曲家に依頼して曲を作ってもらっていたということですが、新垣さんの会見でそうではなく、耳が聞こえないふりをしていた健常者であったということですね。

高橋大輔選手がソチオリンピックで使用する「ヴァイオリンのためのソナチネ」の選んだ曲も、東日本大震災の後に18万枚も売り上げた「交響曲第1番 HIROSHIMA」などの楽曲も、新垣さんが作曲していたようです。

新垣さんは作曲家としての才能はあったと思いますが、かなり大人しそうな、真面目な方に見えましたので、性格的にみても中々大成しにくいタイプの方だったのではないでしょうか。音楽などの芸術的な世界というのは特に才能だけでは開花できない方もたくさんいるわけで、新垣さんもその中の1人だったわけです。

中々、音楽家として名声を得るというのは大変なのですね。

一説によると、新垣さんは以前よりゴーストライターを辞めたがっていたそうですが、佐村河内さんから「音大で仕事が出来なくなってもいいのか?」と脅されて中々辞められなかったそうです。今回の公表で自分の音大でのキャリアを失うことや、今後の佐村河内さんからの嫌がらせや仕返しがあるかもしれませんが、それを覚悟してでも、真実を述べてすっきりとしたかったのでしょうね。

多くの人が金や欲に負けて、よからぬことをしたり、又はそれを見て見ぬふりをしてしまいがちですが、新垣さんのとった行動は正しかったし、とても立派でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。